「北風と太陽」その後

漢字絵本に「北風と太陽」というのがあります。 お話を知らいない人のために説明すると、北風と太陽は「旅人の服を脱がそう」という勝負をします。 北風は、風の力を利用して服を脱がそうとしますが、逆効果で上手くいきません。 太陽 … [Read more…]

頑張らない選択

頑張るという言葉に少し苦しい様子をイメージします。 「頑張る」というのは、「困難に耐えて努力する」ことだそうです。 また、「困難」とは苦しみ悩むことだそうです。 苦しみや悩みに耐えて努力することを想像すると何かイヤーなム … [Read more…]

頑張った成果とは

頑張らないと成績が良くならない人は、頑張って入った学校にいる限り、その頑張りを続けないといけません。 頑張ったこともあり、運よく良い会社に入ったら、その会社にいる限り頑張りを続けないと仕事を失う可能性があります。 泳ぎが … [Read more…]

直進が最良とは限らない

目標まで直進することが最短最良とは限らない。 最短経路のその道は、凸凹の泥道かもしれません。 早く到達しても、身も心もボロボロになってしまっては何もなりませんね。 それよりも、時間がかかっても迂回して、快適な舗装道路を全 … [Read more…]

学習スピード

子供であれ大人であれ、学習のスビードはそれぞれ異なるでしょう。 今、オンラインでクラスを始めてから、学校に通わせて全員の学習スピードを揃えようとすることは無理があるのではないかと考えています。 学習のスピードは、成績とい … [Read more…]

トラウマの否定

アドラー心理学では、トラウマを明確に否定します。 これは、「嫌われる勇気」という本にも書かれていました。 また、「自分の意思決定は、経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである。」とも … [Read more…]

大人はお手本を

大人はお手本を示さないといけません。 社会変化への対応についていろいろと書いてきましたが、子供達には、この社会変化に能動的に対応する大人に育ってほしいと思います。 コロナ感染による社会の変化が、一時的なものであれ、恒久的 … [Read more…]

教育の役割-その3

コンピュータが人間の脳に近づいても超えられないのは、脳がまだ完全に解明されていないからです。 コンピュータが出来ないことのひとつが閃きです。 人間の無数の閃きが現代の社会を作ってきました。 子供達が社会の中で立ち位置を確 … [Read more…]