怒っている自分にいってあげたい

後から考えると怒っていた自分は、随分と情けな人間に思えます。
そんな自分を恥じ入るばかりです。
いままでの人生でそんなことは何回もありました。
そこで、タイムマシンがあったら、怒っている自分の近くにいって、
今の自分「おい。後で後悔するから落ち着きなさい。」と言ってあげたい。
でも。
昔の自分「ふざけるな、お前に俺の気持ちがわかるか。」(怒っていると言葉遣いも悪い。)
今の自分「私は、あなただから分かる。」
昔の自分「えっ。お前が俺でこの怒りが分かるんだったらなぜ落ち着いていられるんだ。」
今の自分「時間が経って自分が怒る理由を見つけられたからね。」
怒っている内容に関係なく、対象が他者でも自分でも、その原因は、全て自分にあることがわかります。
自分以外の人を変えることが出来ないのですから、他人の問題に足を踏み入れる必要はありません。
自分に怒っているのであれば、その理由は自分の様々な欲求を満たせないためだと考えられます。
いずれにしても、少し時間が経ち、原因がわかれば、あんなに怒らなくても良かった筈です。
今は、怒りそうになったら未来の自分に来てもらい、アドバイスを得て、その場を離れ、時間の経過を待ち、本を読みます。
すると、解決できる良いアイデアが出るものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I accept that my given data and my IP address is sent to a server in the USA only for the purpose of spam prevention through the Akismet program.More information on Akismet and GDPR.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。