親孝行

 WITH の各教室には、時々生徒のお爺ちゃん、お婆ちゃんが見学にいらっしゃいます。

特に、ミュージックステップというのを、バンクーバーではあまり聞かないためか、こども教室の見学の方が増えています。
これは、大変嬉しいことです。

昔、私の上司から「最大の親孝行は、自分自身がが幸せになることです。」と教えられました。

私たちのこどもが楽しく幸せに遊び、学び、そして、仕事をするとします。
すると、私たちは、それを見て幸せを感じるはずです。
私たちが幸せだと、それを見て私たちの親が幸せになります。
自分たちがこども達に遊びにも学びにも良い環境を与えてあげることは、結果的にお爺ちゃんお婆ちゃんへの親孝行になっていると考えても良いかもしれません。

幸せは、与えたりもらったりするものではなさそうです。
幸せは、自分以外の誰かの幸せを見て感じることもあります。
また、自分自身がそう感じることで、自分以外の誰かに伝わるものかもしれません。

ということは、自分の幸せは、親孝行どころか、社会貢献になっているかもしれません。
よく周りを見回して、幸せを取り込んだり、発信したりしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です