良い気分を作るには

子供がいい気分で学習していない時、大人が工夫をしてサポートしてあげましょう。
子供がいい気分で学習していないとき、いい気分で遊んでいない時も、子供は、やはり経験が少ないので工夫するのに時間がかかります。
そんな時は、何倍も生きている大人(親)の出番です。ありとあらゆる知恵と経験を振り絞って工夫をしてあげましょう。
子供に対して「そんなことじゃ、立派な大人になれません。」とか、「根性を出してやりなさい。」とか言っていませんか。
根性を出して立派な大人としてアドバイスできていないのは自分かもしれないのに。
子供が自分の思った通りに行動しない時、多くの大人はそれを威圧と強制力で正そうとします。
それは逆効果なのは明らかです。

一人でジャンプさせるのではなく一緒にジャンプしましょう

「でも、うちの子は、言うことをききます。」と答える親は、自分と子供の間にある微妙な壁に気が付いていません。
その影響は、子供にいろいろな形で、徐々に出てくるかもしれません。
まず、話を聞いてあげましょう。
話を聞いて共感してあげましょう。
共感して、「自分は、一人の人間としてあなたの仲間として共感している」ということを伝えてください。
そして、一人の人間として自分の思っていることを伝えます。
その次は、自分のできることはないか聞いてみたらいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I accept that my given data and my IP address is sent to a server in the USA only for the purpose of spam prevention through the Akismet program.More information on Akismet and GDPR.