直進が最良とは限らない

目標まで直進することが最短最良とは限らない。
最短経路のその道は、凸凹の泥道かもしれません。
早く到達しても、身も心もボロボロになってしまっては何もなりませんね。
それよりも、時間がかかっても迂回して、快適な舗装道路を全力疾走した方が気持ちよくゴールできる場合もあります。
そして何よりも早く目標に到達することがその人にとって良い事とも限らないということです。
学力と知識を得るために、学校や塾で一生懸命詰め込んで、目標に到達するのは直進の凸凹道を歩かせているような気がします。
もちろん、その道を最新のRV車で駆け抜ける天才もいるでしょう。
でも、それよりも少しばかり回り道で時間がかかっても、学習する力や社会性を身につけて、楽に同じ目標に到達すれば子供たちはのびのび楽しく学びを経験できるのではないでしょうか。
大切な事は決めた目標に到達する道は一つではないということですね。
また、一つの道を進んでいても能力やチャンスが広がって、他の道に乗り換えることもできるかもしれません。
私達は、子供たちが、目標により近く、よりコンディションの良い道を選択し進めるようにお手伝いしているつもりです。
それが私達の子供達への貢献であり、社会貢献と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I accept that my given data and my IP address is sent to a server in the USA only for the purpose of spam prevention through the Akismet program.More information on Akismet and GDPR.