歩きながらのリトミック

ミュージックステップのリトミックでは、しばしば歩きながらリズム打ちをしたりします。
この歩きながらというのは、随分効果のある記憶方法のようです。

例えば大人でも、結構難しいトレーニングがあります。
歩きながら、数字を数えます。
一番簡単なのは、1から始めて1を足しながら数えて歩く方法です。
そして、5の倍数がきたら、ポンと手を打ちます。
少し難しくすると、3から始めて3づつ足していきます。
そして、5の倍数がきたら、ポンと手を打ちます。
数字を変えるといくらでも難しくなります。
または、1000 から引いていく方法です。
これは、座ってやっても難しいですね。

数字に夢中(集中)になると歩くのもままなりません。
運動場とかですることをお勧めします。

実は、子供たちは、なかなかの集中力でこれを体験しています。
歩かないといけないし、音楽も聞かないといけない、先生の言葉も聞かないといけない。
このリトミック、実は耳と集中力の練習なんですね。

お父さん、お母さんも数字のトレーニングをして、こどもたちの課題の大変さを実感するのも良いことです。
まだまだ、早いと思いますが、認知症予防にもなるようですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です