忘れることと忘れないこと

こども教室withは、2017年度が始まりました。
9月9日の土曜日は、リトルベルから光組まで全部で6クラスがあり、どの子もみんな元気に参加しました。
驚いたことに、こども達は、みんな6月までのことをしっかり覚えていましたね。
一番驚いたのは、ミュージックステップの身体反応です。
ほとんどの子は、音が聞こえると自然に耳と体で音を取ることが出来ていました。
理論や理屈で覚えた知識は、時間が経つと忘れてしまうようですが、耳とからだで覚えたことは、忘れずに反応するようです。
以前にも書きましたが、歩くという行為は、意識せずに体全体がバランス良く反応して体を前進させることです。
これは、忘れるとか忘れないという領域ではなさそうです。
温かいシャワーのように降り注がれる音や歌や漢字や絵本は、知らない間にこども達の意識しない感覚に沁み込んでいっているのですね。
これは、いつでも取り出せる素晴らしい感性の基礎になると思います。

しかし、本当に羨ましい限りです。
私も、何か良い習慣を身につけたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です