学習スピード

子供であれ大人であれ、学習のスビードはそれぞれ異なるでしょう。
今、オンラインでクラスを始めてから、学校に通わせて全員の学習スピードを揃えようとすることは無理があるのではないかと考えています。
学習のスピードは、成績という形で表に出てきます。
最後は、成績の良い悪いが次の学校や就職の選択に繋がります。
このプロセスでの一番の問題は、結局、成績の良い人は、「正しい」と判断され、「成功者」というラベルを獲得し、成績の悪い人は、「正しくない」と判断され、「失敗者」となることです。
この考え方は、良い悪いという境目がはっきりするために、自分と他人を比較し、区別するようになります。
他人との違いを理解して認め合うことと、このような比較することは意味が異なります。
最近はインターネット上でオンラインの独習クラスを取ることが出来ます。
オンラインで独習することは、好きな事を好きな時間に好きな分だけ勉強できます。
これは、実に快適で難しかったら休んでも良いし、朝昼夜関係なくスタートできます。
スピードが遅くても誰も何も言いません。
試験が無い場合が多いので試験勉強をしなくてもいいです。
何よりも、出来なくても「出来てない!」と怒る人もいません。
子供たちにもこんな風に楽しくのんびり学習してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I accept that my given data and my IP address is sent to a server in the USA only for the purpose of spam prevention through the Akismet program.More information on Akismet and GDPR.