基本の習得

陶芸未経験者に粘土を与えて「好きなように器を作ってみなさい」といったとします。
すると、人によっては「えっ!」と思うような器を作ることがあると聞きました。
余計なことを考えず思うままに作ることで思いもかけないオリジナリティーのあるユニークな作品が生まれることがあるそうです。
しかし、残念ながら余程の天才でない限り、これはこの一回きりだそうです。
自由にやりなさいと言われて自由に出来る範囲というのは、実はそれほど広くはありません。
もともと人間の持っている思考と工夫の範囲は狭いものです。
自由にやりなさいと言って伸びる人は実は非常に少ない。
芸術、科学等ほとんどの分野に身を置いた人は。予備知識の無い自由ほど不自由なものは無いことを痛感するでしょう。
社会の中でユニークでクリエイティブであるためには、その分野の基本や基礎をしっかり学ぶことが大切です。
その基本の上に沢山の応用的な創造や発見が生まれています。
基礎知識の習得は、応用の範囲を広げていきます。
ただ、基礎知識の習得は、人にによっては、とても時間のかかるものです。
だからこそ、短時間に知識を習得できる能力を身に付け、応用を拡げる思考に時間を割きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です