ミュージカルパーティ 2018

2018年6月3日 こども教室withとリトミッククラスの発表会が、日系センターで開催されました。例年のように楽しい楽しい発表会でした。

リトミッククラスの子供たちは、舞台上でお名前を呼ばれました。
子供たちの返事は、とても元気で、見ている私たちを笑顔にしてくれます。
元気な返事だけで、見ている人を元気にさせられるのは、この子供たちだけかもしれませんね。
また、かわいい道具を使ったダンスの時も、リトミックの子供たちは大張り切りで、クラスで練習した時以上によくできてビックリしました。

そして、ミュージックステップの子供たちの成長も著しく、合奏も合唱も素晴らしいものでした。
こちらに合唱の様子がありますので、ご覧ください。
Vancouver MS合唱団と名付けた ミュージックステップの子供たちの合唱と手話ソングをお聞きいただきたいと思います。

 

グループで発表することの大きな利点は、すべての発表者に「出来た」という達成感が与えられるということです。
この達成感は、次のことにチャレンジする意欲にもつながります。

子供によっては、「楽器は、自信がないけど、歌は自信がある」という子もいると思います。
また、曲のここが得意で、ここは今一つというところもあると思います。
これと全く反対の子もいるでしょう。
もし、この状態で一人で舞台に立ったら、流石に子供でも萎縮してしまうかも知れませんね。
ステージに上がるのが怖く、勇気をもってステージに上がっても著しく緊張し、練習の成果を十分に発揮できないかもしれません。
でも、グルーブのときは、自信のある所を頑張って、自信のない所をフワフワとやっちゃいます。全体の演奏にはほとんど影響を与えないんです。
グループの中でお互いに補完し合っているのですね。
凄いです。お客様からは、拍手喝采です。
子供達には、これは素晴らしい達成感があり、「出来た」という喜びに繋がります。
こんなに自信になることはありません。
子供たちは、発表会に関して成功体験といういい印象をもって終了できます。

勿論、100%出来るということも、とても素晴らしいことです。
でも、子供はみんな違います。小さな得意を発表出来た、そして拍手をいただいたという満足感は生涯心に残るでしょう。この達成感が、いろいろな分野の様々な行動にプラスの効果をもたらすと信じています。
大切な事は、全然鍵盤などできなかった子供が、人前で弾くことが出来るようになったということです。
子供たちに、ひとつできるようになったという足し算をしてあげましょう。
ついつい、課題ができるできないに気持ちが行きがちですが、出来るようになったいくつかのことに目を向けましょう。

すべての子供たちが ニコニコして嬉しそうに会場を後にしたことが忘れられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です