「北風と太陽」その後

漢字絵本に「北風と太陽」というのがあります。
お話を知らいない人のために説明すると、北風と太陽は「旅人の服を脱がそう」という勝負をします。
北風は、風の力を利用して服を脱がそうとしますが、逆効果で上手くいきません。
太陽は、暖かくして服を脱がそうとし、上手くいき、太陽が勝負に勝つのというものです。これは、他人に対して変化を望む時の手段を選択する時の大切なヒントが入っていると思います。お話しの内容を少し変えてみましょう。例えば、北風は、風という強制力で服を脱がすことに成功したとします。
そして、太陽も暑さで服を脱がすことに成功したとします。
ともに服を脱がすことに成功したとします。
しかし、その後、旅人は、どのような行動をとるでしょうか。
北風に脱がされた旅人は、服を再び着るために、必死に努力するでしょう。
北風は、必死に風を吹かせます。
太陽に脱がされた服を旅人は、二度と着ようとは思わないでしょう。
この差は、旅人が自分の意思で服を脱いだということです。
他人を変えたいとか変わってもらいたいと思った時は、その人が変わりたいと思うような環境を作ってから、待つことでしょう。
変えるという直接的なことに働きかけるのではなく、工夫された環境づくりに力を注ぎましょう。
本人が自分の意思で変わっていない限り、必ず元に戻ろうとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

I accept that my given data and my IP address is sent to a server in the USA only for the purpose of spam prevention through the Akismet program.More information on Akismet and GDPR.