教育内容

絶対音感を育むために開発された 『ミュージックステップ』 を御存知でしょうか。

「こども教室 WITH」 は、『ミュージックステップ』 をベースにして、
絶対音感教育と才能開発を目的にした教室です。

教育内容は、
『ミュージックステップ』の教育方法を主とし、
『石井式漢字教育』の絵本を利用して、
主として読み聞かせの部分に重点をおいています。

それぞれの教育内容については、
バナーをクリックして、ホームページを参照してください。

『ミュージックステップ』

『石井式漢字教育』

※上記のリンクは、許可をいただいて作成しております。

– – - 才能開発教育について

一つのことを習得するのに一生のうちで最も適している年齢は0歳~9歳までと言われています。

その中でも、その能力が高く感覚的な吸収に最も適した時期は「臨界期」とよばれ、それほどの努力や負担が少なくても容易に獲得できる時期があります。まさに3歳から6歳までがその時期であり、この時期こそが一生に一度しかない脳感覚への臨界のチャンスなのです。

– – - 「絶対音感」
「絶対音感」は音楽を基礎としていますが、「臨界期」つまり幼児期に絶対音感を身に着けている子供は、音楽的な能力だけでなく、高いIQ、言語獲得の能力、深い集中力、五感全体の感度のすばらしさ等々、実にさまざまな能力が育っている様子がうかがえます。
その優れたメソッドの一つが、楽しみながら音感を引き出す「ミュージックステップ」です。
「ミュージックステップ」は「感育」と呼ばれる「教えず幼児自身に感じさせる」教育法です。

– – - 「石井式国語教育」

石井式国語教育とは「漢字はひらがなより易しい」とい理念のもと行われる幼児の漢字教育です。
「幼児に漢字を?」と多くの方が考えると思いますが、「漢字を教える」のではなく、「漢字で教える」のです。幼児には、私達大人が考えているよりずっと高い能力があります。

「石井式国語教育」は、「漢字で教えて 言葉を学習し 知恵を育てる」という原理原則にのっとった、まさに*適時教育です。ですから「臨界期」にある子供達は「漢字絵本」を通して、先生やお友達、そしてご家族の皆様と一緒に楽しみながら、遊びながら、言葉や漢字を目と耳から同時に学んでいくことができるのです。

*適切な時期に受ける適切な教育